スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳抜き

2008年09月20日 15:59

耳抜き苦手な人へ

わたしも苦手です

でもちゃーーんとコツさえつかめば,今は全く問題ないです

           img034_convert_20080920141931.jpg

水中では当然圧力がかかり、体のなかにある空気が
ぎゅうううううぅぅぅーっ
と圧迫されて痛くなるんですよね【スクイズ】

だからちょこっとふんっと空気を入れてあげれば,空気の体積が増えるから
違和感はなくなるんですね【圧平衡(耳抜き)】

そこのあなた簡単!簡単!とお思いでしょう?
でも苦手な人にとっては死活問題なのです。

特に私の場合、もともと鼓膜が引っ込んでいるらしく,
空気が通りにくい構造になってたんですね!
ただでさえ,通りにくいなら水圧がかかるともっと通りにくくなります。

なので最初の頃,かなり力んで耳抜きしてました
そして私の空気圧が水圧に勝った時
ぶちっっバリバリバリッわー抜けたーすっきり』
なんて感じでした。【かなり悪い例なのであしからず】

よく耳抜きで潜降ストップしてる方をみると、思いっきり息を吸い込んで顔がくしゃくしゃになるくらい力んでる方がいますが、
1M位浮上して耳抜きしてください。無理です。そこまでくると水圧には勝てません

《私が問題クリアした方法》
(*私の場合耳鼻科で何度か器械で空気を通してもらい,通りやすい癖をつけました。通常の方は必要ないと思いますが練習しても難しければ,耳鼻科に行く事をおすすめします。)

病院でADいただいたのですが陸上での練習
息は思いっきり吸わなくてよいです(痛めちゃいますっ)
普通の呼吸のまま,鼻をつまみ、つばを飲み込んでみてください。
集中すると耳の方に少し空気が流れるのが解ります。
力む癖がついてる方は口を開けたままゆっくりと息を吹き込んでください
→こんな軽い力でOKなんです。

潜降前に一度耳抜きやってます

よく1M毎に耳抜きを!といわれますが、潜降時には

ふんっふんっふんっやり続けてます
優しくこまめにやり続けながら、たまに息を吸って(普通の呼吸程度ですよ)
ふんっふんっふんっとやってます!
ある程度の深度にくれば、1Mに一度くらいのペースでやれば充分です

その場で無理をしないで1~2M浮上

普通に考えれば解るんですけど
どうしても,バディを待たせちゃ行けないとか、
前の人についていかないとっ!もしくは後ろの人に迷惑とか
考えちゃってあせるんですよね?

今は問題ないですが、まだ不安な頃はバディに
『耳抜き苦手なので、ゆっくりゆっくり潜降します。』と伝えてました。

そうしたら、だいたい一番最後にエントリーするとか、
バディが後ろから着いてきてくれたり、気の使わない方であれば、
(親しいひとって意味ですよ)さっさと先に潜降して待っててくれます。

耳を痛めたり、耳抜きのストレスで楽しみが半減しちゃうのはもったいないので、協力してもらいましょう。






スポンサーサイト


コメント

  1. まっきー | URL | -

    日々ブログが進化してて少し驚いています(笑)
    頑張ってねv-218

  2. のりんご | URL | -

    はーい

    暇なのです
    明日はダイビングなので

    腰をやすめてますv-10

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://noripiti.blog17.fc2.com/tb.php/12-40479b71
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。